工事のタイミング

雨漏りを発見したら要注意!
雨漏りは建物内部の鉄部を錆びさせたり、木材を腐食させてしまう原因になります。

放っておくと浸入した水が躯体そのものにダメージを与え、建物の価値を大きく低下させてしまうほか、建材が湿気るとカビの発生にもつながるため、住人の健康を害する恐れも。

緊急性を要する症状ですので、早めに当社にご相談ください!

屋上やベランダの目地部分、もしくは排水溝まわりに雑草が生えてはいませんか?

もし生えていたら、雑草の根が防水層まで伸びている可能性がありますので、無理に雑草を引き抜くと劣化した防水層が破損する恐れがあります。

とはいえ、放っておくとどんどん根を伸ばし、防水層に内側からダメージを与えてしまいますので、早急な対処が必要!
もし見つけたらお早めに当社までご相談ください。

床面のコンクリートにひび割れがある場合は、そこから水が浸入してしまう可能性があります。
浸入した水は、コンクリート下にある防水層の劣化を早め、やがては建物内部まで浸水、建物自体の劣化を早める恐れも。

ひび割れは雨漏り一歩手前の危険信号です。
早めに当社にご相談を。

また、壁部分に髪の毛ほどの細いひび割れが発生している場合は、表面に塗られている塗料が劣化している証拠です。
すぐに雨漏りにつながることはありませんが、こちらの場合も早めの塗り替えをおすすめします。

屋上やベランダで、床がブヨブヨと膨れている箇所はありませんか?
こちらの症状は、寒暖の差によって防水層の下で水分が蒸発し、気体が防水層を持ち上げることによって起こります。

水分が膨張・収縮を繰り返すと、防水層は次第に疲弊し、劣化が加速してしまいます。

防水層が破裂して漏水に繋がる前に、防水工事でバリア機能を取り戻しましょう。