防水工事

防水工事のポイントは、施工箇所に最適な工法を選ぶこと。
たとえば人が出入りするベランダなら、歩行の安全性や、環境対策を考慮した工法がベスト。
一方、常に風雨の影響を受ける屋上ならば、優れた耐久性や水密性が望まれます。

当社では防水の効果はもちろん、建物を使用されるお客様の快適性も考慮した施工法をご提案しています。
施工性が高く環境にも優しいウレタン防水、衝撃に強く耐久性の高い塩ビシート防水など、様々な工法に対応できますので、満足いく仕上がりをお求めなら当社にお任せください。

■ 防水工法の種類

FRP防水
繊維強化プラスチック(ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチック)が主原料で、「Fiberglass Reinforced Plastics」の頭文字から、FRP防水と呼ばれています。
液状の防水材を下地に塗布することで防水膜を形成し、硬化すれば完成。
耐久性・施工性の高さから、近年急速に需要が伸びている防水工法と言えます。

【FRP防水のメリット】
□ 強度・耐水性・成型性に優れている
□ 建築以外にも幅広い分野で採用されている
□ 積層強化された、被覆防水層を形成できる
□ 速乾性があり短工期での施工が実現する

ウレタン防水
液状のウレタン樹脂を下地に塗り込み、化学反応により硬化させることで、弾力性のあるゴム状の防水膜を形成します。
つなぎ目のない美しい仕上がりとなり、軽量であることから建物への負担もほぼありません。
メンテナンス方法は、約10年に一度の定期的なトップコート塗り替え。
最適なタイミングで最適なメンテナンスを実施することが、長期間、紫外線・雨風・砂埃などの外的要因から建物を守る秘訣です。

【ウレタン防水のメリット】
□ 他の工法に比べて比較的リーズナブル
□ 施工性が高い
□ 現在国内で一番採用されている工法
□ 現場の形状が複雑・凹凸がある箇所でも対応可能
□ つなぎ目のない完全な防水層を形成
□ 緩衝シートやFRP防水など、他の防水材料との組み合わせ可能
□ 性能面・意匠面において、バリエーション展開が豊富

シート防水
ゴムや塩化ビニールで出来たシートを下地に貼り付けます。
工事期間が短く、既存の防水層の形状は関係なく、上からかぶせることができるため、コストが抑えられます。

【電話】03-6751-3572
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:30~17:30 (日祝定休)
【対応エリア】狛江市中心に都内近郊エリア

一覧ページに戻る